ルネサス、SMARC 2.0モジュールのスケーラブルなリファレンスデザインを提供開始

ルネサス、SMARC 2.0モジュールのスケーラブルなリファレンスデザインを提供開始

発表日:2020年11月11日
HMIや組み込みビジョンシステムの開発期間の短縮を実現する、SMARC 2.0モジュールのスケーラブルなリファレンスデザインを提供開始
~AIによる顔や物体検出、画像処理機能を搭載するIoT機器機開発に最適~
ルネサス エレクトロニクス株式会社(CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、Smart Mobility ARChitecture(SMARC)ボード2.0仕様に基づく、System-on-Module(SoM)ボードのリファレンスデザインの提供を開始しました。本リファレンスデザインは、マイクロプロセッサ(MPU)RZ/G2グループやパワーIC、アナログICなど、ルネサスの10のICを含むウィニングコンビネーションのソリューションの一環です。本リファレンスデザインは、AIを活用したIoT機器、顔や物体検出、画像処理、監視カメラ、検査装置、産業オートメーション、ビルディングオートメーション、HMIおよび4Kビデオ再生アプリケーションなどの組み込みビジョンシステムの開発期間の短縮に貢献します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る