セイコーエプソン、第四世代スマートグラス向け光学エンジン「VM-40」を開発

セイコーエプソン、第四世代スマートグラス向け光学エンジン「VM-40」を開発

発表日:2020年9月18日
新規開発の第四世代スマートグラス光学エンジンの外販ビジネスを開始
-オープンイノベーションによりお客様価値の創造と市場拡大を加速-
セイコーエプソン株式会社(以下エプソン)は、このほど次世代MOVERIOシリーズ向けにエプソン最先端の光学技術を搭載した第四世代スマートグラス向け光学エンジン『VM-40』を開発しました。また、エプソンは今後大きな成長が期待される幅広い民生・産業領域のスマートグラス市場に向けて、光学エンジンモジュールの外販を開始します。
新開発の光学エンジンは、エプソン独自のシリコンOLED(Organic Light Emitting Diode:有機EL)ディスプレイと光学技術により、当社従来製品比較で、精細度1.5倍、コントラスト5倍、画角1.5倍を実現しました。スマートグラスの開発、製造を検討される開発者、事業者の方は、この進化した光学エンジンを活用することで、高画質なシースルー映像を実現するスマートグラスの開発、製造が可能となります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る