OKI、山梨中央銀行と次世代型ハイカウンターの実現に向けた取り組みを開始

OKI、山梨中央銀行と次世代型ハイカウンターの実現に向けた取り組みを開始

発表日:2020年11月16日
OKI、山梨中央銀行と次世代型ハイカウンターの実現に向けた取り組みを開始
~事務手続きの負担を軽減し窓口業務の9割を軽量化~
OKIは、株式会社山梨中央銀行(本店:山梨県甲府市、頭取:関 光良、以下 山梨中央銀行)とともに、2021年4月の試行開始を目指し、現金取り扱い事務のセルフ化を含む営業店次世代型ハイカウンター(注1)の実現に向けた取り組みを開始しました。山梨中央銀行が開発する「タブレット受付システム」とOKIのセルフ入出金機「SmartCashStation(※1)」をミドルウェア「CounterSmart(※2)」で連携させた次世代型ハイカウンターの構築により、営業店窓口におけるお客さまの記入レス・職員のオペーションレス・ペーパーレス・検証レス・現金ハンドリングレスの実現を目指します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る