住友ゴム、「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両にタイヤ整備不良を確認

住友ゴム、「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両にタイヤ整備不良を確認

発表日:2020年11月27日
「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両がタイヤ整備不良
住友ゴム工業(株)は、定期的なタイヤ点検の啓発のために13年間実施してきた「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」を、10月1日~10月31日に全国のDUNLOP直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)で実施しました。
今回の点検の結果、濡れた路面でのスリップの原因となる「残溝不足」をはじめとする整備不良が4台に1台の割合(25.0%)で確認されました。点検にあわせて開催した『#笑顔のためにタイヤ点検』キャンペーンによって、これまで道の駅などを中心とした点検からDUNLOP直営店での点検に変更となりましたが、多くの方にDUNLOPの取り組みを知っていただき来店いただくことができました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る