ルネサス、超小型かつ超低消費電力のRAマイコン「RA2E2グループ」を発売

ルネサス、超小型かつ超低消費電力のRAマイコン「RA2E2グループ」

発表日:2021年10月13日
エンドポイントのアプリケーションに向け、超小型かつ超低消費電力のRAマイコン「RA2E2グループ」を発売
~48MHz動作のArm Cortex-M23コアを搭載し、超小型パッケージの16ピンWLCSPをラインアップ~

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、32ビットマイコンRAファミリのRA2シリーズに、RA2E2グループを新たに発売、量産を開始しました。RA2E2は、最大48MHz動作のArm(R) Cortex(R)-M23コアを搭載し、省スペースや低消費電力が求められるIoTエンドポイントアプリケーションをターゲットに周辺機能の最適化を図りました。16~64KBのフラッシュメモリと8KBのSRAMを搭載。1.87×1.84mm角の超小型16ピンWLCSP(Wafer Level Chip Scale Package)をはじめ、20ピン、24ピンQFNを含む小型パッケージの9製品をラインアップしました。これらにより、RA2E2は、ウェアラブル、医療機器、家電製品、産業オートメーションなど、小型のIoTエンドポイント機器に最適です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る