ザイリンクスとTI、エネルギー効率の高い5G無線ソリューションを共同開発

ザイリンクスとTI、エネルギー効率の高い5G無線ソリューションを共同開発

発表日:2020年11月19日
ザイリンクスとテキサス・インスツルメンツ、エネルギー効率の高い5G無線ソリューションを共同開発
ザイリンクス社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:XLNX)は11月18日(米国時間)、少アンテナ数無線機のエネルギー効率を高めるスケーラブルな適応型デジタルフロントエンド(DFE)ソリューションを、テキサス・インスツルメンツ(TI)社( http://www.ti.com/ )と共同開発することを発表した。このソリューションはザイリンクスの適応型IPを利用し、RF性能と屋内および屋外無線アプリケーションの電力効率を向上させる。ザイリンクスの業界をリードするZynq UltraScale+MPSoCファミリおよび適応型RF IPに、TI社のAFE7769クワッドチャネルRFトランシーバーを組み合わせることで、大規模通信事業者およびプライベート ネットワークにとってのOPEXおよびCAPEXの課題への対応を強化できる。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る