プロロジス、愛知県東海市にてまちづくりと一体となる物流施設開発をスタート

プロロジス、愛知県東海市にてまちづくりと一体となる物流施設開発をスタート

発表日:2020年11月24日
プロロジス、愛知県東海市にてまちづくりと一体となる物流施設開発をスタート
~東海太田川駅西土地区画整理事業に参画~
物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田 御酒)は、11月22日に、本事業の施行者である東海太田川駅西土地区画整理組合の設立総会が開催されたことを機に、開発に向けたプロジェクトをスタートさせることを発表した。なお、プロロジスは愛知県東海市で進められている「東海太田川駅西土地区画整理事業」において、まちの将来像を早期から見据え、土地区画整理組合、東海市、業務代行者と共にまちづくりを進めていく事業提案企業として選定されている。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る